DSCN4069
2016.02.18鎌倉大仏の由来 和彦雑記(1)
「当寺は聖武皇帝の勅願に由り天平9年(737)行基菩薩の開創に係る、東国・総国分寺(あずまのくに・そうこくぶんじ)の旧跡なり。 抑当大仏は … 続きを読む
DSCN4068
2016.02.14横浜~鎌倉大仏見物「旅枕」(12)
昨日ホテルの売店で横浜地図を購入した。他にも2,3あったが彩色が綺麗な銅板地図にした。(下図参照)今まで何枚もの絵図や地図を買ってきたが、 … 続きを読む
表紙
2016.01.28大久保利通と郷純造
明治3年(1870)10月25日、大久保利通(1830~78)は、岩倉具視(1825~83)へ書翰を送っている(下図参照)。
その内容は、郷純造について … 続きを読む
image_1
2016.01.27幕末の郷純造
文久2年(1862)から3年間、大阪町奉行の鳥居越前守と松平勘太郎各々の家老を勤めた。
慶応元年(1865)、続きを読む
DSCN3887
2015.09.22東京見物(二)「旅枕」(11)
地図で今日廻る場所のチェックを済ませ朝食に向かった。純造より思いがけないプレゼントが二つあった。一つは今日の見学に人力車を駆り出してく … 続きを読む
DSCN3833
2015.08.20東京見物(一)「旅枕」(10) 
番町(純造宅)へ行く前に上野駅で東京全図と題した地図を購入した。厚板のボール紙の表紙には、明治27年3月成、凡2万分ノ1割とあり、続きを読む
DSCN3812
2015.07.16清サン夜行列車に乗る [旅枕](9)
東北本線の時刻表を引っ張り出し下り線に目を通した。現在の時刻は、午後3時だ。仙台へ立寄るには塩釜まで船で行き、塩釜発午後3時55分→仙台4時2 … 続きを読む
DSCN3781
2015.07.02日本三景・松嶋の松化石と三交の松「旅枕」(8)
清サンは松嶋の駐在所の裏に松化石が有ることを小耳に挟んだ。早速行くことにした。そこは観月楼から西へ半町ほどの駐在所の裏にあった。 … 続きを読む
DSCN3654
2015.06.17日本三景・松島の「旅枕」(7)
昨日塩釜港から同船した旅人に、「松島に行くなら是非瑞巌寺(ずいがんじ)を観ておくが良い。」と、色々教示を受けた。その旅人はどうやら仙台の … 続きを読む
DSCN3642
2015.05.16塩竃神社~松島の「旅枕」(6)
黒野村を発って七日目の朝を迎えた清サンは、テンションが揚がっていた。どうしても観ておきたい、塩竃神社に逢えるからだ。駅から西へ歩くと、 … 続きを読む